×

CATEGORY

フェイスブック ツイッター インスタ ライン アマゾン ヤフー

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  商品レビュー

商品レビュー

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

パタゴニア ナノエア ライト ハイブリッド ジャケット

ベースキャンプ・Yahoo!ショッピング店の担当の木塚です。

オススメ商品のご紹介です!

patagonia
パタゴニア ナノエア ライト ハイブリッド ジャケット


 

ナノエアジャケットの保温性と柔らかい着心地を引き継ぎながら 動きやすさと、温度調整機能を進歩させたインサレーション(中綿)ジャケット。

生地は軽くて柔らかく、やさしい肌触り、ストレッチが効いていて抜群に動きやすいです。

前面の表地と中綿がしっかりと風と寒さを防ぎ、背面のワッフルニットが余分な熱と汗を発散するという その名の通りハイブリット構造。
背面のニットパーツと、中綿のフルレンジ素材の組み合わせは 保温力、放熱性、汗処理能力をバランス良くまとめています。

ダウンやフリースは運動時に熱が籠りすぎたり、 汗に弱かったりしますが、その欠点を全体的にカバーしてくれる 中間着といった感じでしょうか。

重量は286 g薄手のフリースと同じくらい、脱いでもかさばらず、容易にザックに収納することが可能です。
細身のつくりで、キャプリーンサーマルやキャプリーンミッドウェイトとの相性が抜群です。 全体的にスリムなフィットのため下に厚着をするのは難しいでしょう。特に腕周りがタイトに感じます。

高めの襟でジッパーを閉じれば首をしっかりと包んでくれます。
袖にはサムホールが付いていますがあまり使わないかな。
身長173cmやせ型でSサイズでジャストサイズでした。パタゴニア製品では毎度のことですが袖が若干余ります。




Yahoo店で購入はこちら

 

2018-01-14 20:49:22

コメント(0)

折りたたむ

KAVU Zippy Wallet(ジッピーウォレット)

ベースキャンプ・Yahoo!ショッピング店の担当の光武です。

今回はKAVUの新作ウォレットをご紹介―。
普段使いからアウトドアまで、これ一つでOK♪
Zippy Wallet(ジッピーウォレット)

KAVU Zippy Wallet

皆さんはアウトドアなどにはどのような財布をお使いでしょうか?
キャンプ場や山小屋で何かと小銭が必要だったりしますよね…。
小銭だけ持ち歩きたい時、わざわざ別の小銭入れに移していませんか?

このジッピーウォレットは小銭の部分が取り外せるので、その手間はいりません。


KAVU Zippy Wallet
ジッパーにより本体から小銭入れの部分を分割できる構造になっています!

しかも小銭入れにもカードスロットがついているので、単体でも大活躍です。

KAVU Zippy Wallet

素材はKAVU定番のキャンバスコットンを使用しており、しっかりした造りになっています。
大きなお札入れに、12枚分のカードスロット、キーリングを取り付けるストラップも付いて機能的。


KAVU Zippy Wallet
KAVU Zippy Wallet
普段は収納力抜群の折りたたみ財布として。
そしてアウトドアでは小銭入れだけ取り外してポケットへ。

そんな使い方ができる、KAVU ジッピーウォレットのご紹介でした。

2017-09-11 11:47:09

コメント(0)

折りたたむ

ALTRA(アルトラ) Escalante Men

ALTRA(アルトラ) Escalante Men

ALTRA(アルトラ) Escalante Men

ALTRA(アルトラ) Escalante Men

ALTRA(アルトラ) Escalante Men

ALTRA(アルトラ) Escalante Men

矢野です。
今回、
ALTRA(アルトラ) Escalante Men についてレビューさせていただきます。
シューズのサイズ:US10.0(28.0cmくらい)

まず、見た目 Very Good (笑)
ランニングシューズではなく、スニーカーのような見た目!!
普段のファッションにも合わせやすい(*^^)v
このように・・・(笑)


ALTRA(アルトラ) Escalante Men

そして、一番重要な性能は








それはそれは バッチグー


ALTRA(アルトラ) Escalante Men は、 ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men よりも少し細身!!
そのため
Escalanteは、TORIN2.5よりサイズはハーフ上げ!!

ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men のレビューは→こちらをクリック

ALTRA(アルトラ) Escalante Men

左:TORIN2.5Men・・・サイズ:US9.5
右:Escalante Men・・・サイズ:US10.0

しかーし、細身なのに圧迫感がTORIN2.5みたいにない・・・

WHY?(笑)

Escalante Men 
のアッパーは生地がTORIN2.5 Menと比べ、伸びる伸びる!!
この靴は、ストレスがなく履けます


大事なことなので、2度言います(笑)

この靴とても楽!!

ALTRAの靴の中では、柔らかい部類に入ると思います!!


ALTRA(アルトラ) Escalante Men で走りに行ってみたところ・・・
TORIN2.5Menよりか、クッションが薄いので踏み込みは結構
足の力が必要とされるシューズです!!
また、アッパーが柔らかい分走るとき足元の自由度が高くなり、曲がる時などスムーズに感じました。
この靴は、「クッションがあまりいらないんだよぁー」とか「足の力を鍛えてみよう」という人にお勧め!!


ALTRA(アルトラ) Escalante Men は、どちらかというとALTRAの中ではONE2.5に近いです!!

ALTRA(アルトラ) Escalante Men

ALTRA(アルトラ) Escalante Men

ソールの厚さは・・・
ONE2.5EscalanteTORIN2.5 になります!!


ALTRA(アルトラ) Escalante Men は、ALTRA初心者の方でも快適に履けるシューズだと思います

気になった方は、是非店頭に足をはこんで足を入れてみてはどうですか?
あなたの足元に快適性が生まれます

以上、矢野でした~!!

2017-02-17 11:02:03

コメント(0)

折りたたむ

ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men

ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men


ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men 商品レビュー

ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men

ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men

ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men

矢野です。
今回、
 ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men についてレビューさせていただきます。
シューズのサイズ:US 9.5(27.5cmくらい)


本来このシューズは、ランニング用シューズなんですが自分はランニングはしないので・・・(笑)
今回は、旅行で使用しました。

今回の旅行は、この靴とともに中国 CHINAへ行ってきました!!

ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men

今回の旅行では、観光地などを多く回ったため結構な距離(合計して16時間くらい?)を歩きました。

この ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men を履いていったおかげで、
普段コンクリートの上を長時間歩いていると足が痛くなる私なのですが、
今回1度も痛くなりませんでした!!

このように旅行中も絶好調!!(笑)

ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men

ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Menに初めて足を入れて歩いたとき、
圧迫感がすごくあり、足がとても疲れてしまいました・・・

しかし、1週間もはいてるうちに(慣れたら)「あれ?なんかこの靴歩きやすい!!」と思うようになりました。
最初のうちは圧迫感を感じていたのですが、慣れてくるとこの圧迫感を感じなくなりました。

最初はきつすぎて紐を緩めて履いていたのですが、慣れてから紐を結んで履いてみると、
しっかりと足にフィットし、歩くときに足の力を地面にしっかりと伝えている感じがしました。

この靴で歩いていると、1歩1歩を踏み出すのが他の靴に比べてだいぶ楽でした。

この靴をはいて、変わったことは 歩くことが、とても楽しくなった!!
普段の生活の中で、歩くことに楽しみを見いだせることはとても重要なことだと思います。

ALTRA(アルトラ) TORIN2.5Men はランニングだけではなく、
今回の旅行のように長距離を歩く人や、ジョギングが好きな方にもおすすめ!!

是非、店頭に足をはこんでみて足を入れてみてはいかがでしょうか?
あなたの生活に 「歩く・走る楽しみ」 が増えるかもしれません・・・

以上矢野でした~!!

2016-09-29 12:02:19

コメント(0)

折りたたむ

スノーピーク ソフトリード

倉持さくら
事務所スタッフの倉持です。

愛犬家の私はスノーピークのソフトリードを購入し、近所を愛犬・さくらと一緒に散歩してみました。
いつも使っているリードと取り換えて歩き回ったのですが、何か違う・・・・・・。
違いを正確に捉えようと、感覚を研ぎ澄ましてみると、大きな3点に気付きました。


倉持さくら

その1)
何かえらく軽いんですが。
最初軽すぎるので、強度に対して不安を少し感じましたが、時間が経つにつれてその不安よりも心地良さが上回り、何と散歩し易い事か―。
どうしても首輪に付けたリードは、犬の足に絡み易いのですが、タイミング良く引いてやるとその心配は嘘の様に楽ちんで同伴出来ます。ですから、いつもより散歩が楽しく出来ます。
私にも良くて、愛犬にもGood!

その2)
手元のループにバックルが付いてます。
10年以上愛犬と同棲してますが、量販店のペットコーナーしか行った事がないので、リードにバックルが付いているのを見た事がありません。
勿論ある事すら知らず、これがすごく便利です。
さあ行こうとした時に忘れ物に気が付いたり、愛犬が落とし物をした後の処理の時や、ボ~とゆっくり日向ぼっこしたい時に、フック状の物が近くに無くても、草原以外の場所ならしっかり止めておけます。

その3)
長さがちょいと長くないですか。
これまで使って来たのより少し長さ多めなのですが、それが良いんです。
収納タイプ等で工夫したのはありますが、この長さの配慮は私としては最高です。
加えて握った感触が極めてソフトなのもたまりません。
勿論体重別に選択出来ますのでご心配なく。
それに、洗濯後の乾きが素早いのも、嬉しい限りです。

他に首輪側にもループがあり、しつけの時や、他の犬とのトラブルの際に便利・・・かな。
そんなこんなで、スノーピークさんのお蔭で、より楽しいペットライフ、じゃなくて家族愛を強く感じる事となり、感謝・感謝です。

次に首輪も購入予定ですが、使用感は愛犬が感じる事なので、私では表現出来ないかも。
とにかく一つ一つ揃えていくつもりです。その際の再登場をお楽しみに・・・・。





 

2016-07-09 09:38:33

コメント(0)

折りたたむ

いきなり!ワンバーナークッキング

突然!竹のワンバーナークッキング!
ラージメスティンを使用して風に任せるままに作ってみました!

(野外じゃないのが残念ですが実験ということでひとつ。。。)




そもそもが思いつきなので
スーパーで探してきた材料などを駆使して
作ってみよう!というノリ。

料理やってない竹ですし、
野外ですること前提なので
コンセプトは「かんたん手軽」。

・・・というわけで
クッキングシートを使った
紙包み焼き!

真鱈に塩胡椒で下味を付ける
ラージメスティンのフタをトレイとして使えるので便利!



クッキングシートに油を塗って
キャベツ、玉ねぎ、真鱈、玉ねぎ、にんじん、ピーマン、白ねぎ(以上、真鱈以外はカッティング野菜で済んだ!) と
プチトマトをのせて、最後にまた油をかける。


ラージメスティンの形と紙包み焼きの包みの形はぴったり。コレは大きい!
結構包むのって(僕的には)難しいんですよ。

なのでとにかく包みやすいですよぉ~というがこのラージメスティン採用の理由であった。


さて、、、いよいよバーナー登場。




ラージメスティンに水を入れて沸騰させる。 沸騰したら中火にして包みを入れ、水がなくなるまで煮続ける。
が基本。
メスティンは水が入っている間はグラグラ揺れ続けるので、大体わかる、のだが。。。


Σ(゜◇ ;) しまった、今回うどん(1玉)があったんだ!
うどんをどのタイミングでどういうふうに入れようか…

オロオロ ( Д ;≡; д ) オロオロ

竹はオロオロしている。
(ところで、蒸しうどんってジャンルあったっけ。。。などといろいろなことが頭に浮かぶ)

少し考えた末、
うどんを包みに入れて、しょうゆを合わせて、、、(適当だな~)
メスティンの水がなくなったら包みを破いて、煮汁を中火でちょっとだけ煮て合わせる、、、
ここらへんは勘で処理。

ラージメスティンのふたの開けづらさも相まって、 結構苦労したけど
鍋つかみとしてバンダナが大活躍!



少々の(そこそこの)試行錯誤の末ついに、、、


できたできたよ、出来ました!
真鱈(まだら)と野菜の包み焼き~うどんを添えて~

あ、味を調えるためにしょうゆを合わせてます。
うどんを入れた理由は、紙包み焼きは真鱈やら野菜やらの美味し~い煮汁が出るので
うどんで何とかしたかった―という理由。

さてさて、
分量も適当なので半信半疑で食べてみるのですが、、、アラ、結構いけるじゃない。
むしろ、旨い。(分量が多かったのか少々濃いめかな?)

ともあれ、
うどんを入れるタイミングをきちんと確立すれば
ワンバーナーレシピ化できる・・・のか!?

(野外では真鱈は下味をつけて凍らせたものを持っていく感じになりそう)


【考えたこと】

ラージメスティン、本来こいつはアルミ飯盒ですが、紙包み焼きを作るにも結構便利かも。

・蓋をトレイにできるので野外でも調理しやすい
・包み紙を成型しやすい(不器用な自分には結構難しい作業なのデス)
・紙包み焼きは基本的にはあまり蓋をとらなくてよいので、
 開けにくさはさほどデメリットにはならないかも

紙包み焼きは簡単だし、あんまり失敗しないので結構ワンバーナーネタとしては重宝すると思うんですよね。
ということで、そのお供にラージメスティンも今後重宝しそうな予感!

2016-06-02 20:27:36

コメント(0)

折りたたむ

5.10(ファイブテン) ハイアングル

5.10(ファイブテン) ハイアングル

5.10(ファイブテン) ハイアングル

5.10(ファイブテン) ハイアングル
                                                                                    
矢野です。
今回、5.10(ファイブテン)のクライミングシューズ ハイアングルについてレビューさせていただきます。
今回履いたサイズ:US9.5  普段履きの靴のサイズ:27.5cm~28.0cm

5.10(ファイブテン) ハイアングル

5.10(ファイブテン) ハイアングル

5.10(ファイブテン) ハイアングル

5.10(ファイブテン) ハイアングル

ハイアングルの特徴
①まず、なんといってもこのシューズオールラウンドに履きこなせちゃう!!
 「ルーフ・強傾斜・緩傾斜・垂壁・スラブ」すべてにおいて、一足で解決したいあなたにおすすめ!!
  ハイアングルはこのすべての状況下で、最大限の力を発揮します。 


②馴染みがとても早く、すぐ本気シューズに!!
 ファイブテン独自のソール ステルスC4ソールを使用しているため足に馴染むのがとてもはやい!!
 また、このシューズ従来の5.10の足型より広め!!なので、履きやすさ・履き心地は◎
 ダウントゥーが苦手な方・ダウントゥー一足目という方でもオッケー。
 しかし、このシューズ攻撃力がすごくあるシューズなので中上級者の方にもおすすめ。
 このシューズを履きこなせるようになったら・・・すごいことになりますね(笑)
 


③かき込み・トゥーフックがとてもいい!!
ハイアングルは、少ないベルクロ数でトゥーフックがとてもかけやすい!!
ベルクロが邪魔になる心配がありません。  
そして、強傾斜などで足を残したいときにしっかりと残せる。
また、細かいスタンスにも乗り込みが可能。
 

④足に色が移ってしまう・・・
ファイブテンの特徴で、下地の色がクライミングシューズを履いているときに足に色が移ってしまう...
しかーし、色移りが気になる人でも大丈夫!!
キャラバン ドラロン®ロックソックスを履けば解決!!
足に色が移る心配もなくなります。

 
キャラバン ドラロン®ロックソックス

総評価(5つで評価)
・掻き込み   ☆☆☆☆☆
・ヒール     ☆☆☆
・スメアリング  ☆☆☆☆
・トゥーフック  ☆☆☆☆
・快適さ     ☆☆☆☆

 
クライミングシューズは、自分の足型にあった靴をはいてその靴の最大限の力を発揮します。
まずは、試し履きをしてからの購入をおすすめします。
自分の足型に合えば、最大の武器になること間違いなし!!
 
以上矢野でした。
 

2016-04-23 15:31:35

コメント(0)

折りたたむ

サーモス 山専ステンレスボトル


THERMOS(サーモス)
山専ステンレスボトル

[500ml] https://www.basecamp-jp.com/item/09003sm006/
[900ml] https://www.basecamp-jp.com/item/09003sm007/

 
福田です。
 
サーモスの山専ボトル―。
言わずと知れた冬の登山の定番アイテムです。
寒い時に暖をとるにはやっぱりあったかい飲み物が一番!
既にお使いの方も多いと思われますが、まだお持ちでない方向けに魅力をお伝えできればと思います。

●とにかく保温力がすごい!
 
ステンレス製二重構造の水筒自体は今時珍しくもないと思います。
しかもこの山専ボトル、水筒としてはかなり高額・・・。
にも関わらず、アウトドア愛好家のみなさんが挙ってこの水筒一択なのはどうしてでしょう?
 
答えはその驚異的な保温力です。
 
 
詳細な保温性能は商品ページでご確認いただけますが、この水筒、とにかく保温力が並の保温ボトルに比べ圧倒的なのです。
イメージでいうと、朝沸かして入れたお湯が、お昼はまだアッチッチ!
ティータイムでもまだまだHOT?
さすがに夕方だと・・・え!?まだあったか~い♪
が体感できるレベル!
日帰り登山や普段使いする分にはまず不便しないと思います。
 
その保温力の秘訣がコチラ―。
山専ボトルのスクリューキャップは2段階になっており、しかもそれぞれにパッキンがあります。
 
中ではこのようになっています。
この二つのパッキンにより熱が逃げにくいのですね。

ではこの保温力を活かして何ができるでしょうか?
寒さ厳しい冬の山。
いつでもあったかい飲み物で身も心もホッとできるのはもちろん、
山専ボトルの保温力があれば沸かし直し無しでインスタントフーズを調理することも可能なのです!
これがどれだけのメリットか?
①調理器具を持参しなくて済む
 ⇒装備の軽量化につながる
②寒い中調理器具をセット&撤収する時間と手間が省ける
 ⇒体を冷やすリスクが減る
たとえ沸かし直しが必要だとしても、真水から沸かし直すのとは段違いに速いワケですから、時間と燃料の節約にもなります。

例を挙げましょう。
シーン:冬の日帰り登山のランチタイム
エリア:標高900m付近。外気温5℃前後。
ボトル:500mlを2本使用(1,000ml)。沸騰したお湯を入れてから4時間経過。尚、ここまでボトルは一度も開けていない。
この状況であれば・・・
1本目。
アルファ米とラーメンを調理可能。
(アルファ米に160ml、ラーメンに330ml)
 

ちゃんと“戻り”ます。
もちろん沸かしたてのお湯には負けますが、しっかり“あったかさ”を感じれるレベルですので、私的には何ら問題ナシ。
2本目。
コンビニでよく見かけるカップ付きのインスタントのコーヒー、きっちり4杯入れることができました。
(125ml×4杯)
 
(あくまで一例。調理可能かどうかは天候・気象条件・使用状況によります。効果を保証するものではありませんのでご注意ください)
 
その他“山仕様”と言われる所以としては、底部分のカバー。
うっかり硬いところにぶつけたり落っことしたりしても安心。
私自身も何度も落としたりしてますが、このゴムのおかげで致命傷は免れております。

またコップの形状とボディリング(黄色いゴムの部分)のおかげで、グローブをはめたままでも滑らず開け閉めがしやすいのも特徴です。
スリムな形状なのでザックのサイドポケットにすっぽり収まってくれます。
(写真は500ml)
サイズは500mlと900mlの2種類。
どっちを選ぶべきか悩ましいところですね。
ソロかグループか、日帰りか泊まりか、飲料用か調理用か等など、選び方も色々かと思われます。
 
私はというと、500mlを2本使うことにしました(経済的ではありませんが・・・)。
理由としては、
○小さいほうがいろんなザックに入れやすい
 ⇒仕事用・トレラン用・サイクリング用・ショートハイク用等の小さいザックにも収まりがよい
○ほぼ毎日使うので衛生面を考えて
 (仕事の時のお弁当用でも使うため)
 ⇒持っていく用&洗い替え用のローテーションが組める
○500ml以上欲しい時は2本同時に山へ
 (片方は飲料用/もう片方は調理用or片方は飲む用/もう片方は非常用etc)
 ⇒泊まりや長めの行程の時に備えて。既に山専ボトルをご愛用の方には共感していただけると思うのですが、このボトルは開栓回数が少なければ少ないほど、そして残量が多ければ多いほど保温力を発揮してくれます。それに期待して、900mlで飲用と調理を全て賄う(何回も開け閉めする)より、2本目をギリギリまで開けないでおけば残り500ml分の保温を持続できるかも?と目論みました。泊まりの時も2本あった方が何かと便利かなと。2本に伴う重量増のデメリットよりも100ml多く熱湯を確保できるメリットを選びました。
  
今回は登山の例を挙げましたが、キャンプや釣り、旅行やドライブ(車中泊にもイイ!)、スポーツ観戦などにもオススメです。
夏はもちろん冷たい飲み物を保冷することができますので、オールシーズンに対応できます。
 
私の場合、職場にも持参してますので、一年中シーンを選ばず使い倒しております。
それだけ酷使すると肝心の保温性能の低下も気になりますよね・・・
しかし!そこはさすがサーモスさん!
ちゃんと交換用のパッキンも用意されているのです!
 
(交換用パッキンは店頭では販売しておりません。お取り寄せになります。お時間かかりますのでご希望の方はお早めにお願いします)
 
参考になりましたでしょうか?
この山専ボトルほど実際に使ってもらって性能を体感して欲しいグッズはありませんね。
上でも触れましたが、アウトドア以外でも大活躍してくれますので、普段使いでいい水筒をお探しの方にも是非ともオススメしたいです。
 
以上、福田でした。

2015-01-21 19:30:00

コメント(0)

折りたたむ

マジックマウンテン エレファントット


MAGIC MOUNTAIN(マジックマウンテン)
MM-1025 エレファントット25d

https://www.basecamp-jp.com/item/14013mgm02/

福田です。

冬のテント泊用に購入してみました。
“象足”デビューです。

冬場のテント内での防寒用として、そして手持ちのシュラフの性能UPを目論んで使ってみました(福田的にはこの目的の方が大きい)。
 

3シーズン用シュラフ + エレファントット で凌げれば、冬用シュラフを購入するより安上がりだし、パッキングもコンパクトにできるのではないかと画策。

封入されているダウンはグースダウン90%で、ふくらみ度合いは650フィルパワーと及第点。
尚、黒の靴底部分にもちゃんと綿が入っています(こちらは化繊)。
テントだけでなく車中泊にも使えそうです。

裏面はこのように防水&滑り止め仕様になっているため、一応はテント周辺の雪面も歩ける仕様。
アウトドア用途以外にも、脚に冷え性がある方は冬場のルームシューズにも最適だと思います。
 

装着するとこのような感じになります。
ふくらはぎ上部まで覆う構造と、上下2ヶ所のドローコードによりずれることなくぴったりフィットします。
(ふくらはぎの部分には綿は入っていません)
また、それによって雪面を歩いた場合でも雪の侵入は少ないと思います。
 

この状態でシュラフに出入りしてもほとんどずれることはなかったので上々の装着具合かと。
ただし、底面の滑り止めが効いてシュラフの内側の生地と摩擦を起こす(引っ掛かる感じ)ので、足入れの際は左右の足の裏をくっつけるなどの工夫が必要です。

冬のキャンプはなんと言っても防寒対策!
こういった小物も活用して、少しでも快適なテント泊を楽しみたいものです。

興味がある方はぜひ一度お試し下さい。
https://www.basecamp-jp.com/item/14013mgm02/

以上、福田でした。

2014-12-25 17:11:00

コメント(0)

折りたたむ

セイラス エクストリームハイパーライトグローブ


Seirus(セイラス)
エクストリームハイパーライトグローブ

https://www.basecamp-jp.com/item/14012srs01/

福田です。

防寒・防水性能と操作性を両立した革新的な手袋。
冬の登山用に使用してみました。
 

冬登山の定番グローブといえば下の写真のようなアウタータイプ。
防水・防寒面ではいうことないのですが、反面、細かい操作がしづらいと感じたことはありませんか?
さらに九州の冬山の場合、気象状況次第では暖かすぎるなんてことも。
 


ではこちらのミドルレイヤータイプはどうでしょうか。
 

操作性はありますが、防水面は心許ない・・・。
サラサラの雪ならともかく、湿雪には不向きかと。
雪にはしゃいで手袋濡れて冷たい思いしたcryingって経験ありませんか?

エクストリームハイパーライトグローブは上記2種の特性を併せ持つ機能性手袋。
防水面についてはここまで豪語してあります。
 


因みに本国のサイトにある動画。
 
全編英語で日本語字幕もありませんが、趣旨は伝わると思います。

今回のレビューではこのグローブが冬の登山で活躍した場面をいくつか挙げてみたいと思います。

○雪を触る時
湿った雪でも染みてくることはありませんでした。
保温力も申し分なし。
 


○ロープ・鎖を握る時
滑り止めもついているのでしっかり握れます。
 


○アイゼンやゲイターの脱着時
ゲイターのジッパー操作も問題ありませんでした。
 


○水の補給時
夏場は手が濡れることなど気にもしないと思いますが、冬場は深刻な問題です。
 


○テント設営・撤収時
今回このグローブを使ってみて最も優れモノと感じたシーンがこちら。
明け方のテントはビショビショですし、ペグもキンキンに冷たくなっているのですが、ストレスなく作業が出来ました。
 
 


この他日常生活でも屋外作業の水仕事(年末の大掃除とか)や、雨の時に自転車に乗る場合など、このグローブが役に立つシチュエーションが多々ありそうです。

欠点はスマートフォンなどのタッチパネル操作に対応していない点でしょうか。

しかしながらその欠点を補って余りある使い勝手を秘めていると思います。

ぜひ一度使ってみてください。
https://www.basecamp-jp.com/item/14012srs01/

以上、福田でした。

2014-12-15 16:08:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2