×

CATEGORY

フェイスブック ツイッター インスタ ライン

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  重要なお知らせ

重要なお知らせ

  • 件 (全件)
  • 1

令和元年8月佐賀県豪雨被害 義援金に関するお礼と報告

お客様各位

この秋ベースキャンプ店頭にて実施いたしました令和元年8月佐賀県豪雨被害に対する義援金捻出活動へのご協力、誠にありがとうございました。
・店頭募金箱より、15,568円
・先日の秋のセールの売上金より、100,000円
合計115,568円を皆さまからお預かりしました『義援金』といたしまして先月の11月22日、日本赤十字佐賀県支部に寄付させていただきました。

たくさんのご協力と温かいお気持ちを頂戴いたしまして本当にありがとうございました。

災害に遭われた方々へお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
 

2019-12-02 13:03:17

折りたたむ

消費税率変更に伴うご対応につきまして

皆様もご存知の通り、令和元年10月1日(火)より消費税率が8%から10%に引き上げられ、同時に消費税の軽減税率制度が実施されます。
つきましては、消費増税および軽減税率導入にともなう当店および当サイトの対応方針と注意点をご案内させていただきます。

商品の出荷日につきまして

9月30日以前の注文であっても、商品の出荷日が10月1日以降となる場合は、新税率の対象となります。 特に基準の10月1日は今年が当店および当サイトの休業日にもあたりますので、ご注文のタイミングにご注意ください。
現税率で出荷のリミット:9月30日午前中のご注文まで(ただし在庫アリ且つ決済が確認できるものに限ります)

配送料・代引手数料につきまして

10月1日より、
【配送料】1,080円(税込) → 1,100円(税込)
【代引手数料】324円(税込) → 330円(税込)

となりますので、何卒ご了承くださいませ。

また、店頭でのご配送承り、店舗へのお電話でのご注文にもこちらが適用されます。

何卒よろしくお願いいたします。

2019-09-20 17:56:29

コメント(0)

折りたたむ

「平成30年7月豪雨災害義援金」寄付のご報告

「平成30年7月豪雨災害義援金」寄付のご報告

このたびの平成30年7月豪雨災害により被災されました皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

当社では、被災されました方々への救援や被災地復興にお役立ていただくため義援金の募金を店頭にて実施させていただきました。
下記のとおり、結果をご報告させていただくとともにご協力いただきました多くの皆様方に心より感謝申し上げます。

実施期間:平成30年7月7日(日)~7月31日(火)
義援金総額:19,502円


お寄せいただいた募金は、全額を「平成30年7月豪雨災害義援金」として日本赤十字社を通して寄付し、被災者および被災地域の支援に役立たせていただきます。 今後も引き続き、募金活動を実施してまいりますので、皆様のご協力をお願い致します。 被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

2018-08-10 16:56:29

折りたたむ

「緑の募金」運動実施中

「緑の募金」へのご協力をよろしくお願い致します
 

この度ベースキャンプ店頭に『緑の募金』の募金箱を設置いたしました。

ベースキャンプは本募金を通じて、さが緑の基金さんの各種取り組み(緑化推進、森林保全等)を支援いたします。


アウトドアは自然があってこそのもの―。

私たちが愛するフィールドがいつまでも緑豊かであるためには、私たち自身が"(自然を)守り、育てる"という意識が必要不可欠と思い、本募金運動に賛同いたしました。

このような当店の取り組みの趣旨を御理解いただき、皆様にもご協力いただけましたら幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。


こちらの募金箱が目印です。
ご希望の方にはポイントを利用しての募金も可能でございますので、お気軽にお申し付けくださいませ。

緑の募金

2016-09-30 00:09:48

コメント(0)

折りたたむ

復興支援セール終了のご挨拶と御礼

たくさんのご来店ありがとうございます。
今回の熊本・大分震災復興支援セール、おかげさまで2,901,674円の売り上げがあり、その10%:290,167円の復興支援金を集めることができました。
これも皆様のご支援・ご協力の賜物と心より御礼申し上げるしだいです。

皆様もご存知のように被災地はその後風評被害に苦しみ、特に大きな被害の無かった地域でさえ、観光や自然体験を生活の糧として来られた方々は「出稼ぎにでもいくしかない。」という状況に追い込まれています。
今回いただいた浄財は『自然が大好き!』『アウトドアスポーツが大好き!』な皆様にいただいたものですから、これまで私たちのフィールドを守ってこられたこれらの方々を支えるために使いたいと思います。
これから現地の知人などのご意見を聞き、フィールド保全や自然体験活動の復活・振興の計画を確認して提供先を決めさせていただきます。
詳細が決まり次第、あらためてご報告いたします。

なお、ベースキャンプは上記のコンセプトに基づき、今後も継続して被災地支援を行ってまいります。
非番スタッフによる復興支援ボランティアは今後も継続。
販売関連では収益の一部を支援に充てる支援グッズの企画販売が準備中です。
それに加えて、現地の観光・自然体験イベントのご紹介などにも力を注ぎ、できれば現地の皆さんと共同でそのような催しを開ければいいなと思っています。
今後ともご協力よろしくお願いいたします。

ベースキャンプ店主 田中信明

2016-07-04 19:19:05

コメント(0)

折りたたむ

熊本・大分地震に関するご報告(2016年4月27日時点)

この度の熊本県・大分県を震源とする地震にて被害にあわれた皆様には
心よりお見舞い申し上げます。

平成28年熊本地震の発生より10日あまりが経過しました。

広範に痛ましい爪跡を残しながら
今も捜索活動が続けられ、各方面からの復旧活動、支援活動等が進んでいる状況かと存じます。

ベースキャンプにおきましても微力ながら、本震発生の4月16日より支援活動をさせていただいております。


■4月16日に熊本県窓口を通じ、緊急救援食料として、

・アルファ米
・携帯型インスタントラーメン
 計 約1,300食

・補給食各種
 計 約100袋

の寄付および指定先へ搬入しました。


■4月17日に同じく熊本県窓口を通じ、

・500L貯水タンクの貸し出し
・紙製食器類・割り箸の提供

以上を指定先へ搬入しました。


■4月19日に熊本県御船町内にて炊き出しを行いました。

■4月26日に被災初期より直接的な支援活動を行われている(株)シェルパ様へ
・中古テント
・中古寝袋
・LEDランタン

を寄付および搬入しました。

(この寄付は(株)シェルパ様の支援企画に呼応したもので、
当店からの寄付のほか、当店スタッフ、お客様など皆様からご提供いただいたテント、寝袋、マットなど複数を
同時に搬入させていただいております。)


また、有志による災害ボランティア活動への参加を開始しました。

引き続き、求められるニーズを調査・考慮しながら貢献できる可能性を模索しつつ、
一日も早い復興の一助となれるよう支援活動を続けてまいります。


ベースキャンプ専務 田中勇志

2016-04-27 22:03:45

コメント(0)

折りたたむ

被災地支援物資としてキャンプ用品を集めています

熊本が本拠地のアウトドアショップ「シェルパ」さんが地震の影響で長期にわたる避難生活を余儀なくされる被災者の方のためにテント・マント・シュラフを集めていらっしゃいます。

本件につきましてシェルパさんに許可をいただき、当方ベースキャンプでも当プロジェクトの窓口としてお手伝いさせていただけることになりました。
具体的には、
①シェルパさんが集めていらっしゃるものをベースキャンプ店頭でも集める
(送付ももちろん受け付けます。ただし送料はご負担ください。荷物には「シェルパ行き支援物資」と明記をお願いします)
②集まった物資をまとめてシェルパさんに届ける
③現地のニーズに基づきシェルパさんに配布していただく
という流れになります。

 

ご協力いただける方、特に佐賀近郊にお住いの方にとっては直接シェルパさんに送付する手間も送料もなくなりますし、シェルパさん側も個別の荷物の対応に追われなくて済む等の利点があるかと考えられます。

ベースキャンプのお客様、当FBページフォロワー様に限らす、たくさんの方にご協力いただけましたら幸いです。
当方所在地の佐賀市近郊だけでなく、北部九州みんなの気持ちを現地にお届けできればと思います。

<ご不明な点はこちらまで>
アウトドアショップ・ベースキャンプ
840-0046 佐賀市西魚町56
0952-29-2820
担当 福田

2016-04-22 16:09:43

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1