×

CATEGORY

フェイスブック ツイッター インスタ ライン

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  商品情報»  ARC'TERYX アークテリクス プロトンシリーズ

ARC'TERYX アークテリクス プロトンシリーズ

ARC'TERYX アークテリクス プロトンシリーズ

ARC'TERYX アークテリクス プロトンシリーズ

アークテリクスの化繊中綿シリーズ「プロトン」が今シーズンからリニューアル。
高い通気性と優れた耐久性を兼ね備えた『アクティブユース向けウェア』として生まれ変わりました。

ダウン、化繊中綿、フリース等々、
レイヤリングにおけるこれらインサレーションウェア=中間着といえば保温が最大の役割。
しかしながら、
ダウンは雨や雪、大気中の湿度、自分の汗などによって保温性能が低下する
フリースもボリュームによってはオーバーヒートを引き起こす
といったように、それぞれ一長一短なところがありますよね。

このプロトンシリーズは『通気性』にも配慮しているところがポイント。
インサレーションウェアにも適度に通気性を持たせることで、余分な熱をため込むことなく、常に快適な状態を保つことが出来るというコンセプトです。
これはつまり、気候はもちろん、運動量の変化にかかわらず長時間にわたってき続けることが可能ということです。
クライミングや雪山登山、バックカントリースキー、トレイルランニング等、運動量が高めで且つ行動中のウェアの着脱が容易でないアクティビティにおいては大きなメリットになりそうです。


ARC'TERYX アークテリクス プロトンシリーズ

これまでも保温性と通気性の優れたバランスによって好評を博してきたプロトンシリーズ。
今シーズンは素材と設計にさらなる改良を加え、適切な保温性を維持しながらも、通気性を大幅に向上させるというアップデートを実現。
これによってよりアクティブなシチュエーション向けの立ち位置になりました。
同カテゴリーのアトムシリーズは保温力および耐風性重視のモデルですので、互いの差別化がより明確になった形です。
図の縦軸は上に行けば行くほど通気性に優れ、横軸は右に行けば行くほど保温力に優れるというチャートになっています。

アクティビティや用途に応じてラインナップがありますので、ご自身のスタイルに合わせて選択することができます。

それ以外でも、
・基本は九州の山活がメイン
・ダウンとは別に化繊モノも欲しい
 けれど、どれを選んでいいか難しい
・夏山や雪山で行動中も積極的に使いたい
・普段も着れる洒落たデザイン
こういった要望にもベストマッチです。

ここからは実際に、
FLとLTを使用シーンに分けてご紹介したいと思います。
まずはFL担当の福田より―。

プロトンFLフーディ

運動強度問わず、トレランでもトレッキングでもクライミングでもマルチに使いたい、
出来るだけシーズン通して使える1着が欲しいという方にはこちらのFLがおすすめです。

ARC'TERYX アークテリクス プロトンシリーズ写真は
・トレラン
・標高約1,000m
・気温0℃前後
・風あり
・陽射し無し
というシチュエーション。
止まってると当然寒い。ウインドシェルではやや不安。
かといってダウンではオーバーヒート、しかも汗で濡れちゃうし。
中途半端なボリュームの化繊綿ウェアではかさばる、綿が少なすぎたら寒くて意味ない。
それらの問題すべてを一気に解決してくれたのがこのFLフーディ。


ハイクアップ完了後の汗冷え防止に最適です。
また、停滞時だけでなく行動時にも積極的に着用してみましたが、オーバーヒートすることなく快適でした。
状況によってはフリースよりも優れものかもと個人的には感じました。


ARC'TERYX アークテリクス プロトンシリーズパッキングサイズは正直かさばりますが、頑張ればランパックにも詰め込めなくはないサイズ。
ちなみに表面生地に採用されているフォーティアスエアーナイロンという素材は通気性に優れるだけでなく、耐久性にも優れているという特徴があります。
そのため、こういうシチュエーションで多少ガシガシ手荒に扱っても全く問題ありません。
シビアな状況でいちいちデリケートにならずに済むのは、精神面でも大きなアドバンテージだと自分は思います。


ARC'TERYX アークテリクス プロトンシリーズ身体が冷える前にパッと着る―。
短パンでバランス悪いと思われるかもしれませんが、体幹部が保温されるだけでも全然違います。
ストレッチ性のおかげで行動時だけでなく、このような脱ぎ着の際にもストレスフリーです。
尚、FLはLTと違ってフード部には中綿が封入されていませんが、防風だけであればこれで充分。
本来はフードの上にヘルメットを着用できるようにするための工夫との事。


ARC'TERYX アークテリクス プロトンシリーズ
FLとLTで最も異なる点がこの中綿と裏地の違いです。
写真左がFL、オクタロフトという中空ポリエステルのニットが体側にダイレクトに触れる設計。
写真右がLT、コアロフトという化繊綿を裏地で封入してある形。
FLもLTも一見見分けがつかないと思われがちかもしれませんが、この差が両者の通気メイン⇔保温メインの選び分けを明確にしているポイントです。


スペック的には申し分なく、今シーズンお気に入りの1着なのですが、1つだけ残念な点があります。
それは、FLにはXSサイズの展開が無い点です。
LTにはしっかりあるのに(笑)
やむを得ずSサイズ着用ですが、身長164cmでほぼ標準体型の自分にとってはやはり少しルーズに感じますし、基本的に保温着である事(=ぴったりしてる方が温かい)、高アクティビティ向けである事(=ベースのレイヤリングは基本薄着のはず)をベースに設計されたモデルであるのならば、やはりXSサイズは作ってほしかったな~。
当然、SサイズよりもXSサイズが若干でも軽量のハズなので(笑)


続きましては女性陣によるLTのインプレッションです。
 

プロトンLTフーディ

プロトンLTフーディW's今期リニューアルした化繊インサレーション「プロトン」を九州の冬季登山で使ってみました。
これまでは…ドライレイヤー+ベースレイヤー+フリース+シェルジャケット(カッパ)という組み合わせで行動していました。
それを、ドライレイヤー+ベースレイヤー+インサレーテッドジャケットに替えれば、もっと蒸れないのでは!?と考えました。
プロトンLTを選択したのは、薄手のダウンに代わる保温性が欲しかったことと、メンテナンスが楽なこと。
通気性と耐摩耗性に優れるということなので、登山中はスタートからゴールまで着ていることにしました。

プロトンLTフーディW'sまずは大分県のくじゅう山系。
牧ノ戸峠登山口の気温3度からの凍結した御池でマイナス1度、晴れ。行動時間5時間半。
なだらかな登りでも少し暑く感じました。 フロントジッパーを開閉して調節しながら、意識してゆっくり歩きましたが、汗はかいてしまいました。
御池からの帰りには星生山を通りました。山頂付近のガレ場は時々突風が吹いていましたが、汗冷えは感じませんでした。
次に長崎県の普賢岳。

プロトンLTフーディW's仁田峠登山口の気温0度からの霧氷沢マイナス5度、晴れ。行動時間5時間。 この気温帯では快適に行動できました。
プロトンLTフーディW's
休憩中や下りでも、フードを被ることで首や耳の冷たさを感じることはありませんでした。
フードはヘルメット対応サイズで大きめ。

プロトンLTフーディW's後頭部のドローコードで調節して、ビーニーの時も視界を妨げないようにします。 裾の両脇にもドローコードがあり、これを絞ることで後ろがザックとの間でめくり上がるのを防ぐことが出来ました。腕を上げても伸縮性があるので突っぱらず、めくり上がらなければ保温性が高まり、ストレスが減るので動きやすくなりました。 使った感想は、自由度が上がったと思いました。
カッパは、少し大きめなのでもたつくのが気になっていましたし、フリースだけだと稜線に出ると寒く感じていました。プロトンLTは、適度にフィットしてくれて動きを妨げず、生地のバサつく音がしないのが良かったです。汗をかいても、薄手のダウンで感じた冷たさはありませんでした。
夏の高山、冬の九州の登山やクライミングの行動着、停滞や休憩中の防寒着に使いたいと思いました。 日常でも、寒い外から暖房の効いた電車や店内に入った時に汗をかく不快感を減らせるかもしれません。
メンテナンスは、ゆったりサイズの洗濯ネットに入れて柔軟剤を使わずに洗濯します。 3分くらい脱水したら、すぐに干すだけ!
パッキングは小さくはなりません。フードに全体を入れ込んで、30cm四方×高さ20cmをジッパー付き保存袋に入れても20cm四方×高さ10cm。
耐摩耗性については、登山にも日常にも使っている今の所は、ザックの当たる肩や背中も変化はありません。ザックにギュウギュウ詰め込んでも問題なさそうです。
中間着を探している方、化繊インサレーションに興味を持った方、一度試着をしてみませんか?
その際、少し長めに着てみてください。見た目ももちろん大事ですが、鏡を見たらすぐ終了ではなく、動きやすさと温かさもぜひ感じてみてください。
<橋本>


プロトンLTフーディW'sリニューアルされたプロトンLTフーディのインプレッションです。
気温3度、曇りのち雨、微風。
簡単にまとめると、暑がりで汗かきが登りから下山まで着続けるにはやっぱりちょっと暑いけど、もう一枚上になにか羽織るとしたら、コレ。という感じでした。 私は九州だと、真冬でもアンダー+ベース+薄手のウィンドシェル(パタゴニアのフーディーニとか)で、肌寒いけど耐えれる、というくらい暑がりです。
今までは登山中にダウンや化繊インサレーションを着るなんて、汗だくになるから絶対無理、と思っていましたが、プロトンLTは高通気性を謳っているだけあって、中に熱がこもりすぎないのに、外からの風は防いでくれます。

プロトンLTフーディW's この日は、パワーメッシュ+デルタLT+プロトンLTでした。 高通気性と聞いたら、風が抜けて寒そうな印象ですが、 風が抜けるというより、熱がこもりすぎないという感じでした。
また、ダウンのようにポカポカしてくる感じではなかったので、保温は必要だけど温まりすぎて汗をかくのはよくない、というような雪山登山にもちょうどよさそうです。
袖口はベルクロではなく、ストレッチカフ。 手首にフィットして風を防いでくれますが、ストレッチ部分が短いので、脱ぎ着もしやすく、時計を出したり手を隠したりがしやすいです。
内側にポケットはないので、グローブなどは収納できません。
胸ポケットに入れていたスマホがちょっと濡れるくらい透湿性があるので、運動量が多い時や、汗かきの人は、防水対策をした方がいいかもしれません。
あと、個人的にはカラーが気に入っています。

プロトンLTフーディW's今回私が着ているDimmaというカラーは落ち着いた紫なので、山でも街でもお洒落に着れるし、今までブラックとかネイビーばかり選んでた人でも手を出しやすい色だと思います。
<光武>


いかがだったでしょうか?
九州の冬山といえど、保温ウェアを甘く見てると痛い目にあうこともありますよね。
上記のような女性特有の視点も参考にしていただけたらと思います。

これらの用途以外にも、縦走やクライミング等、限られた装備の中でレイヤリングをやりくりしないといけない状況下において、1着で複数の役割を果たしてくれるこのプロトンシリーズは実に頼もしい存在です。
しかしながら店頭でウェアのご相談をあれこれ伺っている中でも、多くの人にとってはダウンに比べて化繊インサレーションのメリットは少々伝わり難く、正直まだまだ浸透しているというレベルではないように感じます。山の経験値が浅いと使用イメージが湧きにくいと言うか、下手するとメリットすら見いだせないかも。逆に山をコアに楽しむ人ほど重要視するジャンルですので、興味はあるものの、実際はどれを選んでいいかわからず躊躇しているといった“化繊インサレーションビギナー”の方、まずはこちらのプロトンシリーズからお試しいただくのはいかがでしょうか?これが活きるシチュエーションをあれこれ想像してみるのも楽しいですよ。

ウェアコーナーにお立ち寄りの際はぜひ手にとってみてください。

商品の詳細、および通販はこちらからどうぞ

プロトンFLフーディ M's
プロトンLTフーディ M's
プロトンパンツ M's
プロトンLTフーディ W's

 

2020-01-18 23:36:27

商品情報