×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ハンモックのセットの仕方

ハンモックのセットの仕方

※ハンモックを購入された方には取扱説明書も同封しております。

外で使うハンモックのセットの仕方

立木の感覚が3~4mほどで、揺らした時にハンモックに引っかかりそうな枝がなければ、そこが設置に適したポイント。1本しか木がない場合や日陰の方向にハンモックを設置したい場合には片側だけのハンモックスタンドを使うと便利!

間隔 ハンモックをセットするための木や支えになるような柱を選びます。間隔は概ね3m~4m。
木の間隔がもっと長い場合は、ロープなどで調整する。短めのハンモックの場合は2.5m程度でもいい場合も。
高さ 高さは、ハンモックに荷重がかからない状態でハンモックの加担が乗る人の太もも付近にくるようセットする。
間隔が狭い場合には低めにロープを結ぶ。

ハンモックも樹木(支点)に結ぶロープも、体重がかかると伸びます。伸びた分だけ寝る位置が下がるのでそれを考慮して高さを決めるのがコツ。
間隔が広い場合に強く張りすぎると、ハンモックの広がりが悪くなって寝心地が悪くなってしまいます。こんなときは樹木(支点)に結ぶ位置を高くとることで張りにゆとりを持たせましょう。

バイヤーハンモックスタンド

バイヤーハンモックスタンド

ハンモックスタンドを使うと、一本の木があればハンモックを設置できます。
また、日陰のできる方に自由に設置場所を選べるのでとても便利。あらかじめ乗りやすいように長さを調節しておきましょう。

ロープを使って木の間につるす

<簡単なロープワークでハンモックを設置する方法>

準備するもの

・丈夫なロープ 耐荷重を確認し、十分な強度のあるものを選ぶこと。
ロープの直径は7mm~10mm程度が扱いやすい。クライミング用がベスト。
・木を保護する布 古いタオルや毛布の切れ端などを使う。
これで樹皮を守ると同時に、ロープの摩耗も防ぐことができる。
ロープを使って木の間につるす

①樹木を保護するためのタオルや布を巻いて二つ折にしたロープを巻きつける

ロープを使って木の間につるす

②ロープの折り返し部分のループに反対側を通す。次にそれを引っ張ってしっかり締める。

ロープを使って木の間につるす

③ロープのセットが終わったらロープをハンモックのアイに向こう側から手前へ通す。

ロープを使って木の間につるす

④次にロープをアイの後ろ側に回す。

ロープを使って木の間につるす

⑤ロープの末端をアイとロープ(手前側)の間に通す。

ロープを使って木の間につるす

⑥しっかり締めて出来上がり!

※アイ…ハンモックの端にある輪っか部分のこと

スリングとカラビナを使って木の間につるす

<ロープを使うよりも簡単で安全性の高い設置方法で、ロープワークが苦手な人でも安全に設置できる>

準備するもの

・スリング 木の直径や木と木の距離によっても変わりますが、長さは120~150cm程度
・カラビナ クライミング用が軽くて扱いやすいですが、ホームセンターなどのカラビナでもOK。
注意点として必ず耐荷重表示のあるものを使用すること。
・木を保護する布 古いタオルや毛布の切れ端などを使う。これで樹皮を守ると同時にロープの摩耗を防ぐ。
スリングとカラビナを使って木の間につるす

①樹木を保護するためのタオルなどを巻いてスリングを巻き付ける。

スリングとカラビナを使って木の間につるす

②片側のループに反対側を通してしっかり締める。

スリングとカラビナを使って木の間につるす

③強度のあるカラビナをかけて、ハンモックをセットして出来上がり!

スリングとカラビナを使って木の間につるす

④もし長さを調整したい時は、適当な長さにスリングを結んで調節。

室内で使うハンモックのセットの仕方

ハンモックを吊るすための金具を取り付ければ部屋の中でもハンモックを楽しめます。
ただし、金具は必ず構造体に取り付ける必要があります。建築の知識をお持ちの方はDIYで簡単にできることですが、構造体がなにか判断できない方は工務店、大工さんに頼んでください。また、木の柱、梁などにネジ止めする場合には、使っているうちにネジが緩む場合があるので時々点検するようにしましょう。

ハンモックを収納したり洗濯する時のたたみ方

ハンモックを収納したり洗濯する時のたたみ方

①片方をロープに結んだままの状態で、反対側のアイを結んだままのアイに差込み、ロープで固定する。

ハンモックを収納したり洗濯する時のたたみ方

②ハンモックの真ん中を持って、ねじる。

ハンモックを収納したり洗濯する時のたたみ方

※ねじった後

ハンモックを収納したり洗濯する時のたたみ方

③結んであったアイをはずし、さらにねじりをかけながら半分に折る。

ハンモックを収納したり洗濯する時のたたみ方

④片方をはずし、アイをもう片方のアイに通し、糸などで結ぶ。

ハンモックを収納したり洗濯する時のたたみ方

⑤アイを折り返し部分のループに通す。

ハンモックを収納したり洗濯する時のたたみ方

⑥さらに半分に折り、折り返しのループにアイを通します。このとき折り返し部分がアームストリング部分になるので、絶対にアームストリングの間にアイを通さないこと!

ハンモックを収納したり洗濯する時のたたみ方

⑦重ねたアイが暴れないよう糸やカラビナなどで固定して洗濯ネットに入れて洗濯する。ネットに入れておかないと絡んだり、引っかかったりするので注意!

使用上の注意

設置について
  1. ハンモックを張る時に使う木や柱、ロープやカラビナなどの強度や耐荷重表記には、十分気をつけてください。
  2. 下に危険のない柔らかい場所を選んで設置してください。
  3. ハンモックが揺れたときに動く範囲内に引っかかるものがないことを確認してください。
    糸一本一本は細いので一部が引っかかると簡単に切れてしまいます。
  4. ハンモックは揺れるものですので、ロープやスリングがこすれないようにしてください。摩擦熱で切れる場合があります。
  5. 強風時の屋外使用はお控えください。ハンモックスタンドの強風時のご使用は特に危険です。
  6. お客様の判断において設置してください。この記述は安全を保証するものではありません。
乗り方について
  1. 部分的に強い力のかかる乗り方をしないでください。(足から乗らない、立たない)不安定で危険で、糸も切れやすくなります。
  2. ハンモックをブランコのように使うと切れたり破損する場合があり、重大な事故につながる危険があります。
    また、子どもだけで使用するのは避けてください。ケガの原因となる場合があります。
  3. 糸が絡まったり切れたりすることがありますので、服のボタンや時計などが引っかからないようにご注意ください。
取扱い、メンテナンスについて
  1. ハンモックにはサイズにより150kg~300kgの耐荷重がありますが、これは全体で荷重を受け止めた場合のものです。部分的に強い力が加わると簡単に切れてしまいます。乱暴な扱いや乗り方をしないでください。
  2. アイをアームストリングにくぐらせないでください。もつれると厄介です。
  3. シーズンオフには洗濯し、十分乾燥させてから風通しの良い日陰に保管してください。
  4. 切れかかったところ、切れた箇所を見つけたら早めに結んで補修してください。
  5. 屋外での放置は紫外線や雨でハンモックの寿命を短くします。屋外での使用後は必ず収納してください。また、室内でも直射日光の当たるところは避け、使わないときは、日光の当たらないようにしまうようにしてください。